年越しそば

新しい年も 細く 長く お健やかに

年越しそば:大みそかの夜に年越しそばを食べる風習は、江戸時代、月末に忙しい商家で、夜遅くにそばを食べた「三十日そば」の風習の名残りと考えられています。新年の健康や金運などへの願いがこめられている地域もあります。