NEW(更新情報)

※ 新しい記事・更新した記事を このページに掲載しています


夙川の桜

桜の名所、夙川公園より、今週の桜の写真が届きました。

関西はそろそろ見頃が過ぎ、散り初めの場所が増えていますが、八重桜や山手の方では、これから満開予想のところもあります。

お花見も終盤、お時間があれば、楽しんでください。

夙川でお花見を楽しみむお母さんと子どもの水彩画

兵庫県HFさんの水彩画。

職場復帰を前に、保育所に通い始める子どもさんとの思い出を 絵に残されたんだそうです

※今年の夙川公園(HFさん撮影)


お花見

4月、各地で桜の見ごろを迎えています。

今年は開花が遅かったので、ちょうど入学式にもピッタリですね。


しあわせの日(クローバーのイラスト)

4月4日は「しあわせの日」

4(し)と4(し)が合わさることにちなんで、いいことがありそうな うれしい響きです。「いい夫婦の日(11/22)」とならんで、入籍される人が多いんだそうですよ。

※4月4日が、3月3日の「桃の節句」と5月5日の「端午の節句」のほぼ中間で、女の子の子(し)と男の子の子(し)が歩み寄った「子合わせの日」であることから「幸せの日」になったとの説もあり、全てのこどもの幸せを願う日でもあるそうです。


エイプリルフール

エイプリルフールとは、4月1日だけは「罪のないウソやいたずらで笑わせても大丈夫」という風習のこと。

何かと緊張する場面の多い4月、軽いジョークで和むといいですね。


さくらのつぼみで開花予想

3月27日の「さくらの日」にちなんで、つぼみと開花予想の図を作りました。

今年は寒くて、開花が遅めですが、関西では つぼみがふくらんできています。気温が上がると、開花宣言がされそうですね。

※「さくらの日(3月27日)」は、3×9(さくら)=27の語呂合わせと、七十二候の「桜始開」が重なる時期であることから、日本さくらの会が制定されています。

サクラの描き方はコチラヘ
サクラの描き方はコチラヘ

サクラソウ

桜より一足先に、サクラソウが満開に…

まだまだ寒い日も多いですが、淡いピンク色が広がると、春の訪れにウキウキします。

初夏に咲くクリンソウとともに、サクラソウのなかまのページを更新しています。


マカロンのイラスト

ふんわりとカラフルなマカロン。

最近はホワイトデーのお返しとしても人気です。


3月9日は「感謝の日(ありがとうを届ける日)」

3月は卒業や転勤を始め、「ありがとう」の気持ちを伝える機会が多い月。

どうぞ良い時間をお過ごしください。

※3月1日の「ブタの日」にちなんで、ブタさんのイラストを増やしました。

3月9日は、「サン(3)キュー(9)(Thank you)」の語呂合わせから、「感謝の日」「サンキューデー」「ありがとうを届ける日」(NPO法人HAPPY&THANKS制定)


サンゴの日

3月5日は「サンゴの日」

美しいサンゴ礁に、エメラルドグリーンの海、こころが癒されます。

※サンゴの日(3月5日):日付は「さん(3)ご(5)」の語呂合わせから、世界自然保護基金が1996年に制定。


1月は「行く」2月は「逃げる」3月は「去る」

”1月は「行く」2月は「逃げる」3月は「去ると言われるように、会社でも学校でも、年度末は、忙しく、あっという間に過ぎてしまいまいがちです。

あせらず、落ち着いて、良い形で一年を締めくくれますように。


城南宮しだれ梅とつばき祭

しだれ梅と落ち椿のコントラストが見事な城南宮。ここ数年、人気が高まり、多くの人が訪れるようになりました。

今年(2024年)は2月18日(日)から3月22日(金)に「しだれ梅とつばき祭」が開催されます。手入れの行き届いた苑内は、四季折々に様々な植物が楽しめますので、機会があればぜひお出かけください。

※写真は昨年、満開の時期に撮影したものです。梅のシャワーが降り注ぐ絶景です。


春一番と春の5K

2月15日、関東地方等で春一番が吹いたと発表がありました。昨年(2023年)より14日早いそうです。しばらく寒暖差が激しくなりそうですので、お気をつけください。

「春一番」は、立春(2月4日頃)から春分(3月21日頃)の間に、初めて吹く暖かく強い南風のこと。地域ごとに発表基準が少し異なります。

 「春一番」と聞くと、春が来たとウキウキしますが、「春のあらし」とも呼ばれ、強風、突風、落雷などが発生しやすくなります。また、寒冷前線の通過後は、春の陽気から一転して寒気が流れ込み、寒暖の差も大きくなりやすいです。

春の始まりにつらい「春の5K」5Kは、強風、乾燥、寒暖差、花粉、黄砂をさし、からだの不快さがアップする時期でもあります。

1~2か月後には、穏やかな陽気に変わります。もうしばらくのガマン‥どうぞ体調管理にお気をつけください。


フキノトウの日

2月10日は「フキノトウの日」

ちょうど野菜売り場でもフキノトウを見かけました。まだ寒い日も多いですが、確実に春に向かっています。

※日付は「ふ(2)きのとう(10)」と読む語呂合わせから、宮城県古川市の特産品を販売する「ふるさとプラザ」が提唱されたそうです(平成5年)


シマエナガのイラスト

ふわふわ・もふもふ、真っ白な羽毛に包まれた小さな体が、かわいらしいシマエナガ。北海道に行かなければ会えないそうで、イラストを描きました。


神戸ルミナリエ2024

4年ぶりに神戸ルミナリエが開催されました。第29回のテーマは「神戸、未来に輝く光」。エリアを3か所に分けた展示で混雑も緩和され、新しいルミナリエとなっています。

※開催期間:2024年1月19日(金)~28日(日)

※写真はメリケンパーク会場と東遊園地会場にて、神奈川県KMさん・兵庫県Tさん写真提供


おにぎらずの作り方

おむすびの日にちなんで、今年は直接手を触れず衛生的に作れる「おにぎらず」の作り方を掲載しました。

1月17日は「おむすびの日」「防災とボランティアの日」

阪神・淡路大震災で、ボランティアの作るおむすびが、人々を助けたことから、ごはんの「おむすび」だけでなく、人と人との心をむすぶ「おむすび」を作ることを目的に制定されています。(2000年/ごはんを食べよう国民運動推進協議会)

寒さが一段と厳しく、日々能登半島のニュースに胸が痛みます。

被災された皆様に心よりお見舞い申しあげますとともに、現地の復興と、安心して穏やかに過ごせる日々が 一日も早く戻りますことを、お祈り申しあげます。


スイセンの花

寒い冬に咲き始めるニホンスイセン。凛とした美しさがあります。

スイセンが群生することで有名な灘黒岩水仙郷(淡路島)は、今年は開花が少し遅れ、1月10日頃で7割程度が開花となっているそうです。ちょうど見ごろを迎えています。

スイセンにもいろいろ種類があり、原種の一つの「ナルキッスス カンタブリクス」を加えて、更新しています。


あけましておめでとうございます(辰年)

あけましておめでとうございます。

タツは雲を抱き、大きさを自在に変え、空も地中も水中も自在に駆け巡ります。

健康で 勢いよく 舞い上がる年になりますよう お祈り申しあげます。


ペンギンにマフラーをかけるシロクマ

シロクマもペンギンも寒い地域に暮らしていますが、なぜかあったかく、ほっとします。

色やサイズ違いがあります


ゆるり まったり ナマケモノ

お疲れの時に…

ゆるゆる かわいい ナマケモノのイラスト。

ナマケモノの写真集はコチラヘ


ドリンクのイラスト

がんばった自分へのご褒美?

リラックスできそうなドリンクのイラストをたくさん増やしました。


名もなき池

湧き水が注ぐ 透明度の高い「名もなき池」。澄みきった水面にスイレンやコウホネが咲き、コイが優雅に泳ぐ様子が、画家クロード・モネの『睡蓮』のように色彩豊かなことから、いつしか「モネの池」と呼ばれる人気スポットになっています。(場所は岐阜県関市の根道神社境内)

透き通る水に、気持ちがやすらいできます。




2月の記事
3月の記事
4月の記事
5月の記事
6月の記事
7月の記事
6月の記事
9月の記事
8月の記事
11月の記事
12月の記事