トラ(tiger)

ネコ科で最大の 狩の名人


アムールトラ

・アムールトラは、トラの中でも 一番大きく、体重が300kgを超えます。

・水が好きで、暑い季節には、日中の大部分を 水辺で休息し、涼みます。

トラは肉食性のため、危険防止のために間近で眺めることは難しいですが、各動物園とも、トラの迫力ある姿が楽しめるように 工夫されています

※写真は 天王寺動物園(2015年)、京都市動物園(2019年)、神戸市立王子動物園(2017年)、白浜アドベンチャーワールド(2016年)にて


ホワイトタイガー

・インドに生息するベンガルトラの白変種。からだは白く、目が青く、肉球や鼻先が うすいピンク色をしています。

・水浴びも泳ぐのも得意。

※写真はニフレル(2016年)、 白浜アドベンチャーワールド(2016年)にて



トラ(ネコ科)

・ネコのなかまでは最大の動物で、肉食性の強いグループ。一頭で狩りをします。

・8つの亜種に分かれ、住んでいる場所によって、体つきや色が少しずつ違います(代表的なのは、アムールトラ、ベンガルトラ、スマトラトラ)。顔の模様は一頭ずつ違うと言われます。

オニのパンツはトラ柄

アムールトラの説明より(京都市動物園)
アムールトラの説明より(京都市動物園)

※ このページの説明は、主に「京都市動物園ガイドブック」「天王寺動物園ガイドブック」「動物(小学館)」「LIVE 動物(学研)」より抜粋しています。


※ 下記は別ページがあります

ライオン
ライオン
動物トップに戻る
動物トップに戻る