秋分の日

太陽が真東からのぼって、真西にしずむ日。

9月の終わりごろからは お天気が徐々に落ち着き、晴れる日が増えてきます。

秋分の日(9月23日ごろ):昼と夜の長さがほぼ等しくなる日。秋の夜長がはじまります。