カカオ(Cacao)

ココアやチョコレート等の原料


カカオの実(カカオポッド)

カカオの果実は、一般的に、はじめは緑色で、やがて黄色味をおび、最後は赤褐色に熟します。植物園の温室では、同じ枝に いろいろな色の実が なっています。

ラグビーボールのようなカカオの実の中には、20~60個の種子(カカオ豆)が5列に詰まっています。

この種子(カカオ豆)を炒って、粉末にして、砂糖や香料などを混ぜたものがチョコレート。粉末を圧搾して脂肪を除いたものがココアになります。


カカオの花

特徴的なのはカカオの花。幹や枝から直接、小さな花を 無数に 咲かせ、花はほぼ一年中咲いています。

カカオの花の多くは 実を結びませんが、植物園では人工交配に成功し、たくさんの実をつけています。


鈴なりのカカオ

宇治市植物園の鈴なりのカカオ

カカオ(コラージュ)

カカオ(Cacao):アオイ科(アオギリ科)

熱帯アメリカ原産。高さ6~8mの小高木。実はポリフェノールやミネラル等が豊富だそうです。



京都府立植物園の説明より
京都府立植物園の説明より
国立民族学博物館の説明
国立民族学博物館の説明

※このページの写真は、京都府立植物園、宇治市植物園の温室にて。説明は各植物園と国立民族学博物館の資料より抜粋しています。



バレンタインの記事一覧
バレンタインの記事一覧
実トップへ
実トップへ
四季の花と実トップ
四季の花と実トップ