ひまわり(sunflower)

ニコニコ 大輪


ヒマワリ(キク科)

・7~9月頃、真夏の太陽の下、日本全国で咲く 元気な花。明るい太陽を思わせる花の形から、英語でも sunflowerと呼ばれます。

 

・1つの大きな花に見えますが、実は多数の花が集まって、1つの花を形成しています(頭状花序)

 

・花言葉は「あこがれ」「愛慕」など。



ヒマワリのつぼみ・花・たね

若いつぼみは 花首が動き、まるで太陽を追うように見えます(朝は東、昼頃に上、夕方は西、夜に向きを戻します)

開花後は 花首が固定しますが、中には 開花後も太陽を追う種類もあるそうです。

ひまわりの種

開花後、約1か月半から2か月で種ができます。

食用として販売されているヒマワリの種は、ミネラル・ビタミン・葉酸等が豊富で、栄養価も高く、海外では、手軽なおやつとして食べられているそうです。

八重

最近は 種類が豊富で、八重咲きのひまわりもあります。

赤や褐色

チョコレート色の花を咲かせる品種もあります。

不思議な色合いのヒマワリ


様々な種類があります


※ 下記は別ページがあります

ひまわりの描き方
ひまわりの描き方
夏の花
夏の花
四季の花と実トップ
四季の花と実トップ