あさがお(morning glory)

おはようございます


朝早く まるい ラッパのような花を咲かせます

いろいろな種類があります


あさがおの つぼみ

ねじれた つぼみが ほどけて咲きます。つぼみの先から見ると、つばみは 時計回り(右回り)にねじれています。


花びらの色

花びらの色が、午前中と午後とで変わる種類もあります。

あさがおの しべ
あさがおの しべ

※花びらは一つにくっついていて、中におしべが5本、めしべが1本あります。

午後 だんだん 花がしぼんでいきます


あさがおの つる

つるの巻く方向は 上から見ると、時計の針と逆回り(左回り)

※地面から見ると、時計回り(右回り)になります


あさがおのたね

花が落ちると、子ぼうがふくらみ、子ぼうが大きくなって、実になります。実が茶色くかわいてきたら、中のたねを取っておくと、つぎの年も咲かせることができます。



あさがおの葉

葉や茎には 毛がたくさん生えています。葉の毛は 虫よけ等の意味があるようです。

あさがお(ヒルガオ科)

・早朝に咲き、数時間でしおれる つる性植物。

・日当たりのよいところでよく育ち、夏のあいだ、つぎつぎに花が咲きます。

・くきは つるのように よくのび、日よけとしても使われます。

・アジア原産で、もともとは薬用植物として日本に伝わり、江戸時代には、観賞用としてさかんに栽培されるようになりました(「牽午子(けんごし)」という生薬として、便秘などに効果があるとされています)

・花言葉は「愛情のきずな」「結束」など

※説明は「しょくぶつのさいばい(フレーベル館)」「飼育・栽培(学研)」「植物(小学館)」「やってみよう夏休みの自由研究(成美堂出版)」等より抜粋

あさがおの観察(別ページに移動します)
あさがおの観察(別ページに移動します)

ヒルガオ

ひるがおは昼前から夕方ごろに咲きます



夏の花
夏の花
初夏の花
初夏の花
四季の花と実トップ
四季の花と実トップ