イカ(squid)・タコ(octopus)・オウムガイ(nautilus)

これらは 巻貝のなかまから進化した軟体動物。頭からうで(足)が生えているため、頭足類と呼ばれます。

イカ

すきとおった体。ピュッピュッと スミを吐きます。(写真は八重干瀬でのイカ釣りより)

イカ:8本のうでと、2本のながい触腕をもち、よく「10本足」と言われます。すきとおった体の表面に色素胞という細胞があり、まわりの色にあわせて、パッと体の色を変えます。体の色だけではなく、体の形まで変えられる種類もあります。

水族館のイカ

イカ(海遊館)
イカ(海遊館)
バンダコウイカ(京都水族館)
バンダコウイカ(京都水族館)

京都水族館のイカ説明より(2017年)



タコ

マダコ(ニフレル)
マダコ(ニフレル)

「8本足」と言われる8本のうでをもち、やわらかい体で、海の底をはったり、岩場にかくれたりします。吸ばんがあり、強い力で吸い付き、スミをはきます。


オウムガイ

頭足類には、貝殻をもつ種類と、貝殻をもたない種類があり、大昔にはアンモナイトなどの数多くの種類がいました。オウムガイはアンモナイトの親戚(スミは はきません)



※ このページの写真は 宮古島(沖縄県)、京都水族館、ニフレル、海遊館にて。説明は「こども大百科(小学館)」「新ちきゅう大図鑑(別冊家庭画報)」参照

※ 下記は別ページがあります

八重干瀬(イカ釣りの場所)
八重干瀬(イカ釣りの場所)
海の生き物トップに戻る
海の生き物トップに戻る