ホタル(蛍)firefly

初夏の風物詩


ホタル(甲虫類)

・ホタルはカブトムシやテントウムシと同じ 甲虫のなかまに入ります。

・世界には約2000種、日本では約50種のホタルが生息し、幼虫の生息場所によって、陸生のホタルと 水生のホタルに分けられます。日本で親しまれている水生のゲンジボタルとヘイケボタルは、世界的には とても めずらしいホタルです。

ホタルのなかまの多くは、平たくやわらかい体で、大きな触角があり、腹部に発光器をもち、光を発します(成虫では光る種類と光らない種類がありますが、幼虫は概ね光ります)

ホタルの幼虫

卵、幼虫、さなぎ、成虫の時期があります(完全変態)

カワニナ(ゲンジボタルのエサ)

ゲンジボタルの幼虫は 水の中にすみ、カワニナ等の巻き貝を とらえて食べます。

成虫も肉食で、小型の昆虫などを食べます。


ホタル観賞について

ホタルの見ごろは、例年、関西各地では5月下旬~6月中旬頃、山間部の奈良県黒滝村・天川村周辺は例年6月中旬~7月上旬頃です。夜の8時ごろに よく飛び交います。

※写真のホタルは、京都府亀岡市(6月上旬)、滋賀県高島市(6月始め/写真提供 兵庫県Fさん)、奈良県黒滝村(6月下旬)


伊丹市昆虫館と守山市ほたるの森資料館より

※ このページの説明は「ホタル(守山市ほたるの森資料館小冊子)」「昆虫(小学館)」「move昆虫(講談社)」より抜粋


※ 下記は別ページがあります

カエル
カエル
水辺の生き物
水辺の生き物
カブトムシ・クワガタ
カブトムシ・クワガタ
昆虫
昆虫