冬至(12月22日頃)

一年で いちばん 夜の長い日


一年のうちで もっとも 日照時間(昼の明るい時間)が短い日。この後は だんだん 日が長くなります。

カボチャやあずきの入ったおかゆを食べたり、ゆず湯に入ったりと、各地で風習があります。



ゆず湯

健康を祈って 冬至に ゆず湯に入ります

江戸時代に始まった習慣と言われ、ゆずの強い香りと薬効で、邪気を払う目的があったようです。

「ゆず」を「元気でからだの融通(ゆうずう)が利きますように」、「冬至」を「湯治(とうじ)」にかけた語呂合わせだとする説もあります。

花と実図鑑:ゆず(みかん類)はコチラヘ
花と実図鑑:ゆず(みかん類)はコチラヘ

冬至の七種

冬至に「ん」のつく食べものを食べると、「運」がつくという言い伝えがあります。

「なんきん(カボチャ)」が一般的ですが、「にんじん」「ぎんなん」「きんかん」「かんてん」「うどん」も、カボチャとともに「冬至の七草(ななくさ)」と呼ばれる縁起物です。

寒い時期に からだをあたためてくれる食材でもあります。

衣服のイラストはコチラヘ
衣服のイラストはコチラヘ

時間がない時は、かぼちゃをチンして、マヨネーズをあえるだけでもおいしいです。

慌ただしい年末年始、あたたかくされて、お元気に年越しなさってください。