端午の節句(こどもの日)

大きくなぁれ


・5月5日の「端午の節句」は男の子の節句。こいのぼりをあげたり、よろいかぶと等をかざったりするほか、ちまきやかしわもちを食べて、男の子が元気に成長することを祈ります。女の子は3月3日の「桃の(上巳)の節句」

 

・5月5日は「こどもの日」という祝日でもあります。端午の節句は男の子の行事ですが、「こどもの日」は、性別を問わず 子ども達のしあわせを祈る祝日です。


昔から中国には、コイが滝をのぼって、竜になるという伝説があります。この伝説が、日本で田の神様をむかえるための目印として、家の前に柱を立てる風習等と合わさり、こいのぼりを立てるようになったと言われています。

爽快な 吹き流し。各地でこいのぼりが あがります。

かしわもち・ちまき

こども達の健やかな成長を願う和菓子

かしわ餅の葉に使われる カシワの葉は、新芽が育つまで古い葉が落ちません。

クスノキの若葉
クスノキも常緑樹(古い葉の間から新しい葉が勢いよく伸びます)

トイレットペーパーの芯で こいのぼりの工作

シバザクラの前で子どもに人気のキャラクターより(ドラゴンボールと魔女の宅急便)



「金太郎」は平安時代の武士、坂田金時の子どもの頃の名まえで、クマにのったり、まさかりをかついだりする姿が、おとぎばなしのモデルになっています。



※下記は別ページがあります

桃の節句(ひなまつり)
桃の節句(ひなまつり)
ディズニーの春のパレード
ディズニーの春のパレード