ひなまつり

すこやかな成長をねがって


ひなまつり(3月3日/桃の節句・上巳の節句):江戸時代から伝わる女の子の成長を祝うお祭り。おひなさまや モモの花を かざって、ちらし寿司やはまぐり、白酒やひなあられ等を いただきます。

※ 男の子は「端午の節句」


関西のひなまつりの行事より

風流な 流しびな(下鴨神社)

珍しい「ひと雛」(市比賣神社)

瀬戸内寂聴さん、変わらず お元気で 絶妙な語りです(2016年3月3日/三十三間堂の春桃会にて)

もも(桃)の節句

ひなまつりは別名「桃の節句」。昔は桃が「百歳(ももとせ)」に通じ、病気やわざわいをはらう植物とされていたことから、ひな人形とともに飾られます。

こちらは「内裏(だいり)」という梅の品種



ちらしずし

ひなまつりの ごちそう

はまぐりのお吸物

おにぎりに たまごで

おだいりさまと おひなさま


ひなまつりの工作

身のまわりのもので おひなさま

切り絵で ひな人形



端午の節句(こどもの日)
端午の節句(こどもの日)