フラミンゴ(flamingo)

動物園の人気者


フラミンゴ(フラミンゴ科)

・ピンク色のからだと 大きく曲がったくちばしが特徴のフラミンゴ。

・1月頃から繁殖期に入り、繁殖期のフラミンゴは、一年で最も羽の色が 鮮やかで、美しいと言われます。この繁殖期には、首を長く伸ばして左右に振ったり、大きく羽を広げたりして、異性にアピールする姿(求愛の「ディスプレイ」)も見られ、早春から春ごろが フラミンゴの見ごろです。



フラミンゴの抱卵

多くは3月から4月ごろに、最初の産卵が始まります。フラミンゴは産卵後、オスとメスとが交代で卵を抱いてあたため、およそ28日程度でふ化します。(写真は神戸市立王子動物園にて/2017年4月上旬)

土に盛りあげたような小さな山がいくつもあるのが、フラミンゴの巣。親鳥が巣を補強したり、卵を移したりします。

神戸市立王子動物園のフラミンゴの抱卵中の案内板
神戸市立王子動物園のフラミンゴの抱卵中の案内板

幼いフラミンゴ

幼いフラミンゴは、成鳥とはからだの色が違い、羽に茶色の羽がはえ、脚やくちばしも黒い色をしています。

成長して美しい色になるまでに、2~3年かかると言われます。

(写真は神戸市立王子動物園にて/2017年11月)

フラミンゴのエサやり

エサをたべる時、フラミンゴは 長い首を 思いっきり下に傾け、頭の上下を逆さまにします。フラミンゴの大きなくちばしには、フィルターがついていて、水の中にあるエサをこしとって食べます。


ヨーロッパフラミンゴ

からだは白く桃色。


ベニイロフラミンゴ

からだは鮮やかな紅色。


チリーフラミンゴ

うすいピンク色で、脚の関節部分が赤くなったフラミンゴ。


※このページの写真は 神戸市立王子動物園・白浜アドベンチャーワールド・旭山動物園にて。

※説明は各動物園の説明、および「旭山動物園ARどうぶつ図鑑」「地球大図鑑(主婦の友社)」参照。



※ 下記は別ページがあります

めじろ
めじろ
つばめ
つばめ
カワセミ
カワセミ
ふくろう
ふくろう
カルガモ
カルガモ
ガチョウ
ガチョウ

イソヒヨドリ
イソヒヨドリ
モズ
モズ
セキレイ
セキレイ
水辺の鳥
水辺の鳥
野鳥トップに戻る
野鳥トップに戻る