オオサンショウウオ(Japanese giant salamander)

生きた化石

オオサンショウウオ(大山椒魚・別名ハンザキ):両生類 有尾目

・主に 西日本の きれいな河川の上流に生息する 国の特別天然記念物で、世界最大の両生類(平均50~70cm程度、最大150cm程度)

・スイスで発見された3千万年前の化石と、今の姿がほどんど変わっていないことから、「生きた化石」と呼ばれています。

京都水族館のオオサンショウウオのぬいぐるみ
京都水族館のオオサンショウウオのぬいぐるみ

※写真は京都水族館と京都市動物園

オオサンショウウオが京都の鴨川上流に生息することから、京都の水族館や動物園で 大切に展示されています。

(オオサンショウウオは 岡山県が有名です)



※ 下記は別ページがあります

カエル
カエル
水辺の生き物
水辺の生き物