ジンベエザメ(Whale shark)

世界一 おおきな 魚


ジンベエザメ(テンジクざめ目ジンベエザメ科)

・成長すると全長10~14メートルにもなると言われる世界最大の魚類。世界の温帯・熱帯・亜熱帯の表層海域に広く生息し、日本近海には、初夏から秋にかけて回遊するそうです。

 

・サメのなかまですが、ゆっくりと泳ぎ、基本的にヒトに危険を及ぼすことはありません。雄大に泳ぐ姿から、水族館の人気者です。


※ このページのジンベエザメの写真と説明は、海遊館と美ら海水族館にて。


コバンザメ(スズキ目コバンザメ科)

ジンベエザメのおなかにはよくコバンザメがくっついています

コバンザメは背中に吸盤があり、大型のサメやウミガメなどにくっついて生活します。吸盤は背びれが変形した形です。

※コバンザメの写真と説明は、和歌山県自然博物館とニフレルにて。



※ 下記は別ページがあります

エイ・マンタ
エイ・マンタ
イルカ
イルカ
クジラ
クジラ
マナティー
マナティー
ウミガメ
ウミガメ
水族館
水族館
海の生き物トップに戻る
海の生き物トップに戻る