クジラ(Whale)

ざっぶーん!


↑お父さんクジラとお母さんクジラとが、子どものクジラを真ん中に挟み、外敵から守りながら泳いでいるところ(オーストラリアにて)

くじら(パステル)

クジラ(哺乳類クジラ目)

・ヒトと同じ哺乳類ですが、一生を海の中で過ごします。泳ぐのに都合が良いように、前足や尾がヒレに変わり、他の哺乳類とずいぶん身体の形が違っています。

 

・体毛がなく、代わりに皮膚の下にぶあつい脂肪があり、海の中でも 体が冷えないようになっています。



クジラとイルカは同じなかま。大ざっぱに からだが大きいもの(約4メートル以上のもの)が「クジラ」、からだが小さいもの(約4メートル前後より小型のもの)が「イルカ」と 呼ばれます(例外もあります)

※クジラやイルカは、分類学的には、カバに近いそうです。

クジラはイルカのようなギザギザの歯をもつ「ハクジラ」と、歯のかわりに、くしのような細かい板をもった「ヒゲクジラ」に分かれます。

「ヒゲクジラ」は、ヒゲを使って、海中のオキアミや小魚を こしとるようにして食べます。

クジラの鼻の穴は、頭の上の方にあり、そこで息継ぎをしています。吐く息とともに、水を噴きあげて、肺呼吸する姿が「潮吹き」と呼ばれますが、「潮吹き」で白く見えているのは、息の中の湿気が冷やされてできた水です。



ナガスクジラの骨格標本(大阪市立自然史博物館)

この写真は大阪市立自然史博物館が、1990年4月8日に堺泉北港に流れ着いたクジラの死体を、7年かけて骨格標本にされたものです。骨格は全長19mあり、日本近海で採取され展示されているクジラ類では、最大の標本だそうです。


※ クジラの日:「9月4日」や「毎月9日」など諸説あるようです

※このページの説明は、「こども大百科(小学館)」「イルカの大研究(PHP研究所)」「動物(小学館)」を参考にしています。


※ 下記は別ページがあります

イルカ
イルカ
マナティー
マナティー
ジンベエザメ
ジンベエザメ
ホッキョクグマ
ホッキョクグマ
エイ・マンタ
エイ・マンタ
ウミガメ
ウミガメ
海の生き物のイラスト
海の生き物のイラスト
海の生き物トップに戻る
海の生き物トップに戻る