アザラシ(Seal)

まるで魚のような哺乳類


ゴマフアザラシ

アザラシ(海豹):アザラシ科

野生のアザラシは、水の中を 深くもぐってから、一気に水面に上がります。このような垂直方向への泳ぎが得意なアザラシの習性を生かして、動物園や水族館では、チューブ状の円柱水槽が作られているところがあります。

※ 写真上は旭山動物園あざらし館の「マリンウェイ」、写真下は京都水族館

ゴマフアザラシはアザラシの中でも小型で、水族館や動物園でおなじみのアザラシ(1.6~1.7m程度)。アザラシを間近に観察できる円柱水槽は、どこでも大人気のコーナーです。

アザラシは 魚をエサにしているので、まるで魚のように泳ぐことができます。足はひれ状に変化していて、前足でかじを取り、ヒレになっている後ろ足を左右にふって、交互にかき、前に進みます。

下から見上げて、アザラシのおなかの面。冷たい海の中を泳ぐので、体にはたっぷり脂肪がついています。

かたくて短い毛が 頭からしっぽの方向に向かって生えていて、雪の上をソリのように すべることもできるそうです。

※ゴマフアザラシは、野生では、夏から秋は沿岸で、冬から春は流氷に乗って生活します。

ワモンアザラシ

アザラシのなかまでは最小(1.1~1.5m程度)

背と体の側面に、白い輪で囲まれた 斑点模様があります。

メスは氷の上に穴をほって、子どもを産みます。

アザラシの子どもの毛色は、種類とどこで生まれるかによって違います。クジラやイルカと違って、水の中では出産できないので、流氷の上で出産するゴマフアザラシやアゴヒゲアザラシ等の子どもは、氷と保護色になる 白い毛色で生まれます。


※このページの写真は、旭山動物園、京都水族館、海遊館にて

※ 説明は、動物園や水族館の看板、「旭山動物園ARどうぶつ図鑑」「動物(小学館)」「動物(学研)」より抜粋



海の生き物トップに戻る
海の生き物トップに戻る