ひつじ(羊)Sheep

春の訪れを告げる ひつじの赤ちゃん


ひつじの赤ちゃん(春の六甲山牧場)

牧場や動物園などで、2~4月頃に 赤ちゃんがたくさん生まれます

気持ちよさそうな寝顔。写真では わかりにくいですが、口を小刻みに モゴモゴと動かしています。

六甲山牧場めん羊舎周辺

子羊の写真は六甲山牧場(2017年)

この年は、1月末から3月までに 36頭の赤ちゃんが誕生し、3月中旬より 柵越しに お披露目されました(春は出産が続き、例年では、4月中旬頃より自由放牧されます)


いろいろな ひつじ

色は白、黒、褐色など様々で、角がある種類も、角がない種類もあります。

草を食べ、糞はシカに似ています。


夏の放牧(北海道)


ひつじ(偶蹄目ウシ科)

・今から1万年ぐらい前に 家畜化され、昔から人と一緒に暮らしています(犬の次に古い家畜です)。

・やわらかい毛は、織物の材料として有名。

・十二支の一つ。聴力が良いことでも知られます。


※ 写真は六甲山牧場と北海道/説明は六甲山牧場のパンフレットとホームページを参照


※ 下記は別ページがあります

ウシ
ウシ
ヤギ
ヤギ
動物トップに戻る
動物トップに戻る