黒豆の含め煮

ふっくら つやつや ピカイチ「土井勝さんの黒豆」より


材料

・黒豆:300グラム

調味料A(砂糖 250グラム ,塩大さじ1/2,しょうゆ1/4カップ)

・重曹:小さじ1/2

・水:10カップ

・さびた鉄クギ:5~6センチのものを15本

できれば さびた鉄クギを準備します

無理に入れる必要はありませんが、さびた鉄クギ(酸化鉄)は、豆の色が抜けるのを防ぎ、黒豆が まっ黒に つや良く キレイに仕上がります。鉄クギに抵抗がある場合、最近は専用の製品も販売されています。

鉄クギはさびのついたまま ざっと洗って、茶こしやガーゼ等に包んで使います。

※ 新しい鉄クギを使う場合は、熱湯に通して油抜きし、塩をふっておけば さびます(ステンレスのクギは さびません)



作り方

①黒豆は ゴミを取って洗い、ザルに あげます。

調味料Aを 分量通りに用意しておきます

③大きめの深なべに 水を入れ、沸騰したら、重曹、調味料A、さびた鉄クギを入れます。

④火を止めて、黒豆を入れ、そのまま4~5時間つけておきます。

⑤なべを強火にかけて沸騰寸前に火を弱め、ていねいにアクを すくいます。

⑥差し水2分の1カップを入れて、煮立ちをとめ、もう一度、これを繰り返したら

⑦落としぶた(アルミホイルでも可)をして、その上になべのふたをして、ふきこぼれないように、ごく弱火にして、8時間ぐらい煮込みます。

⑧ 豆がふくらみ、煮汁がひたひたより少し多めになったら火を止めます。

⑨ 煮汁につけたまま(鉄クギも入れたまま)一昼夜おいて 味をふくませます。

ふっくら つやつやに できあがり



※ 下記は別ページがあります

たけのこの茹で方・選び方
たけのこの茹で方・選び方
尾頭つき鯛の塩やき
尾頭つき鯛の塩やき
実ざんしょうの塩煮
実ざんしょうの塩煮
そらまめの塩ゆで
そらまめの塩ゆで
とうもろこしのゆで方
とうもろこしのゆで方
落花生のゆで方
落花生のゆで方

おうちごはんトップへ
おうちごはんトップへ