カピバラ・ビーバー・ヌートリア

大きなネズミのなかま


カピバラ(Capybara)

カピバラ(ネズミ目カピバラ科)

ネズミのなかま(齧歯類)では最大。水辺の森林に群れですみ、草原に出てきて、するどい前歯で草などを食べます。

尾は ありません

オスの ひたいには こぶがあります(メスにはありません)


カピバラの子どもたち

カピバラは生まれたばかりの赤ちゃんでも、15~20cmもあり、一週間もすると、草を自分で食べることができます。

ほほえましい親子(写真は王子動物園2017年11月)


アメリカビーバー(Beaver)

アメリカビーバー(ネズミ目ビーバー科)

・丈夫な歯で木を噛んで切り倒し、木や泥などで 川をせきとめてダムを築き、巣を作ります。

・大きく平らな尾で、上手にかじを取って泳ぎ、水をたたいて、なかまに危険を知らせます。

水の中のビーバー
水の中のビーバー

ヌートリア(Nutria)

ヌートリア(ネズミ目ヌートリア科)

大きなネズミ。尾が長く、歯はオレンジ色。湖や川などにすみ、多くの時間を水中で過ごします。

※写真1枚目は大阪府Wさん撮影



※ このページの写真は王子動物園、海遊館、ニフレル等にて / 説明は各動物園の看板、「動物(小学館)」「動物のくらし(学研)」「動物のあかちゃん(学研)より抜粋

動物トップ
動物トップ