七草がゆ(人日の節句)

あっさりと 七草がゆ

二十日大根も 浅漬けに


フリーズドライや レトルト等も 便利です。


春の七草
写真集:春の七草

人日(じんじつ)の節句(1月7日ごろ)

「病気をしない 丈夫なからだをつくる」という願いをこめて、朝、七草がゆを食べる風習があります。



七草がゆ

七草がゆの由来

古代中国(唐の時代)で、1月7日に、七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べて、一年間の無病息災を祈るようになった風習が、日本に伝わり、日本古来の「若菜摘み」と結びついて、「七草がゆ」となったようです。江戸時代に五節句のひとつとして定着しています。(新聞数紙より抜粋)

※五節句:江戸幕府が定めた式日で、1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽をさします。